佐渡島 野草研究家

佐渡島で自然と暮らした先人の知恵をライフスタイルにとり入れた生活をする主婦です。 子供3人、猫4匹、夫と古民家で暮らしてます。 佐渡島の民俗学と植物学者の伊藤邦男先生の本を参考にさせて頂いてます。

草花で色付けした砂糖の作り方

ヤブツバキタチツボスミレの砂糖〗

f:id:ikkakinokinoha0401:20210414230939j:plain

ヤブツバキの花とスミレの花の砂糖

 

春はお花が綺麗。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210415233430j:image

どこもかしこも色とりどりの花でワクワクしてしまいます。

 

🌼美しい花を食べるのは子供の頃からの夢でした

 

今は勉強して食べられるお花が分かるようになり、楽しくてしかたありません☺

 

この楽しさを伝えたいけど、

野には

毒草や食べられるお花が混在しており、

子どもには

 

どう伝えたらいいのかな?

どうしたら野草に興味を持つきっかけになるだろう?

 

と思い悩み

 

思いついたのがお花で色付けした砂糖作り。

 

私の思惑通り、

子供達は興味を持ち

小学校6年生の息子迄も喜んで夢中になって作ってました(^^♪

 

 

砂糖はそれ自体が保存料なので、

冷蔵庫に保管すれば1年以上美しい色を保ってくれますし腐りません。

 

それでは今回は

 

◯スミレの花の青い砂糖と、

◯椿の花のピンクの砂糖

 

の作り方をご紹介いたします。

 

スミレの青いお砂糖

材料

ラニュー糖…100㌘

スミレ   …片手1杯

   

※スミレの花の色によってお砂糖の色が変わります。

佐渡には36種のスミレが確認されています。

スミレは世界中で使われる薬草で、

万葉集にも載っています。

 

作り方

①スミレの花ビラの部分だけを採る

②軽く洗い水気をとる

③乳鉢でごりごりする


f:id:ikkakinokinoha0401:20210415233700j:image

 

ー完成ー

 

 

ヤブツバキの花のピンクのお砂糖

材料

ラニュー糖...100㌘

椿の花…1~2個

 

あく抜き用砂糖…大さじ2

あく抜き用酢…大さじ2

 

作り方

①椿の花びらを採り洗い鍋に入れる。

②鍋に水200cc入れあく抜き用砂糖を入れる。

③火をつけ花びらの色が変わるまで煮る。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210415233818j:image

④酢を入れると花の色がピンク色に戻ります。

⑤ピンク色になった花びらをザルにあけ、

粗熱が取れたらさらに絞って水気を切る。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210415233834j:image

⑥乳鉢にグラニュー糖を入れ花びらを1枚ずつごりごりしていく。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210415233848j:image

(少ない量でもピンク色になるので様子を見ながら加えていく)


f:id:ikkakinokinoha0401:20210415233902j:image

ー完成ー

 

佐渡に自生する椿は2種。

ヤブツバキ・ユキツバキです。

園芸種は品種改良されエグミが強いので、

ヤブツバキを使うのがオススメです。

 


f:id:ikkakinokinoha0401:20210415233923j:image

八百比丘尼の象徴と言われるヤブツバキ

いつまでたってもずっと争い続ける人間界に絶望し

争いのない世界を願い星になり見守る事を選んだ、

佐渡八百比丘尼 羽茂出身の田屋さん。

 

佐渡八百比丘尼のお話

人魚の涙 (佐渡の八尾比丘尼の伝説) | 佐渡島の植物と民俗

 

八百比丘尼の田屋さんの願いが、

ヤブツバキを通してどうか皆の心に届きますように。

 

ヤブツバキを見るたびに私はこう感じます。

 

八百比丘尼とは・・・

長寿伝説
人魚の肉をたべて800歳までいきたとされ,肌が娘のように白く白(しら)比丘尼ともよばれる。若狭(わかさ)(福井県)小浜の空印(くういん)を中心に,植樹伝説や椿をもって諸国歴した話が各地に分布する。宝徳元年(1449)若狭から京都にあらわれたという記事が「康富記」「臥雲日件録」にみえる。「やおびくに」ともいう。

 

脱線してしまいました💦

 

「他にはどんなお花をお砂糖に入れられるか?」

 

についてなんですが、

 

私のおすすめは

レンギョウオオイヌノフグリ・カキドオシ・ヒメオドリコソウ

カラスノエンドウ・菜の花

なんかも美しく発色します。

 

 

でもでも身の回りには毒草も混在しておりますので

絶対に知っている草だけで実験してください

 

美しくて美味しそうな花を咲かす

 

チューリップ

スイセン

雪割草

ハナニラ

クロッカス

イヌサフラン

フクジュソウ

毒草です。

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪

 

 

 

伊藤邦男先生の本の引用はこちら

↓↓

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 新五郎 (@nokongikuk)

 

 

 

 

野草ランチ艸

子どもたちの春休みが終わり、

新学年になりました。

バタバタの毎日も少し落ち着き、

貴重な平日休みをゆっくり過ごすことができました(^^♪

 

 

家族は野草料理を好まないので、

思う存分野草を堪能したランチに大満足でした( *´艸`)


f:id:ikkakinokinoha0401:20210414230205j:image

へんじんもっこ

ワイルドハーブソーセージと

美味しい野草を蒸し焼きにして
ハコベ塩で味付け。

 

タンポポを入れたコンソメスープ、

ハナイカダのふりかけご飯・・・・。

 

 

野草料理の説明を簡単に説明します( *´艸`)

へんじんもっこ

ワイルドハーブソーセージは、

佐渡の季節の野草をふんだんに入れた商品。

限定品の為通販サイトには出ていないのですが、

お問い合わせすれば購入する事ができます。

f:id:ikkakinokinoha0401:20210414224329j:plain

ワイルドハーブソーセージ

問い合わせ先

r.goope.jp

 

蒸し焼きに適しているアクの少ない野草

ユキノシタ


f:id:ikkakinokinoha0401:20210414230405j:image

〇アマドコロ


f:id:ikkakinokinoha0401:20210414230527j:image

〇コゴミ(クサソテツ


f:id:ikkakinokinoha0401:20210414230549j:image

 

卵とソーセージを鍋に入れ蒸し焼きにします。

 

最後にハコベ塩を振って完成。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210414230638j:image

ハコベ塩は歯磨き粉にも出来る塩。

ミネラルも豊富で、

美味しいです。

 

ハコベ塩の作り方の記事

↓↓

 

ikkakinokinoha0401.hatenablog.com

 

スープ

お好みの野菜に、

タンポポの葉と花を刻んで入れて完成。

 

 

ハナイカダのふりかけ

ハナイカダを乾燥させて、

手で揉んで細かくしただけ。

昔の糧で、

陸のワカメと称され味噌汁の具にされました。

乾燥させると、

不思議と青海苔のような匂いがします( *´艸`)


f:id:ikkakinokinoha0401:20210414230923j:image

 

やっぱり野草料理は

芯が一本通るような感覚と、

なんだか体によさそうな感覚と

自然からの恵みを受け取れた自己満足が心地よい。

 

 

食後には、

子どもが作った野の花の砂糖を入れたミルクティーを飲みました。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210414230939j:image

 

 

 

リラックスできました。

 

最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪

 

 

伊藤邦男先生の本の引用はこちら

↓↓

佐渡島の植物と民俗

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 新五郎 (@nokongikuk)

 

 

大和当帰入りクラフトコーラ

 

北緯38度線が横断する佐渡は、

ミカンとリンゴが採れる島。

 

最近は無農薬で作られる佐渡レモンが流通するようになりました。

 

先日、

佐渡にサドオケラを調査に来た
奈良県の生薬のから頂いた薬草大和当帰と佐渡レモンと野草をブレンドした

〖薬草クラフトコーラ〗

を作ってみました✨


f:id:ikkakinokinoha0401:20210412231835j:image

 

奈良の生薬の先生が佐渡に来た時の記事

↓↓

ikkakinokinoha0401.hatenablog.com

 

薬草当帰とは、

「若返りのビタミン」含有量 No.1

大和当帰葉は、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用が強い「ビタミンE」が、すべての野菜や果実・穀物・豆類などの中でもっとも多く含まれています・・・。

 

 

 大和当帰は

漢方薬の原料すなわち生薬で有名です( *´艸`)

香りは、

セロリに近くセロリよりもずっと強いです。

 

 

当帰の名前の由来・・・・

当帰の語源は「当 (まさ)に帰る」、つまり子宝に恵まれなくて里へ返された嫁が、当帰を摂って妊娠しやすい体調へ整えてから夫の元へ帰る、あるいは里で出産後なかなか体調がすぐれない嫁が、当帰で体調を回復して夫の元へ帰る、などの意味があるといわれています。

 

気になる

大和当帰と佐渡の野草コーラの味は・・・

 

「リア〇ゴールドに似てて美味しい」


との事でした❗️

 

日本を代表する薬草

大和トウキ入りのコーラは、
薬効が強く体の奥からスッキリする感じがします(*^^*)

 

 

 

レシピのご紹介は、

もう少し改良してから載せたいと思います。

 

 

さて、

佐渡には当帰はあるのか?

という疑問が湧くと思います・・・

 

答えは

佐渡に当帰は自生します」

です。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210412232223j:image

佐渡にはミヤマトウキが自生します。

深山当帰と書き、

低山地に生えるトウキの高山型。.

トウキより葉の幅が広いのが特徴。

 

…ということで、

ドクダミヨモギのように身近に生える植物ではありません。

 

佐渡のミヤマトウキは

江戸時代に幕府によって、

佐渡国薬種24種に選定され江戸に出荷されていました。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210412232302j:image

いつかこのミヤマトウキを栽培し、

クラフトコーラを作れたら面白いですね。

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪

 

 

 

 

伊藤邦男先生の本の引用はこちら

↓↓

佐渡島の植物と民俗

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 新五郎 (@nokongikuk)

 

 

春の滝の上流を散策しました

春の十郎滝の上流を散策しました。



f:id:ikkakinokinoha0401:20210409201500j:image

滝を散策するなら、

春先や晩秋がオススメだとか。

 

滝の事なら佐渡屈指の滝ガイド

↓↓

【滝巡り】十郎滝 初級コース ~片道30分の探検と癒し~【自然歩きレクチャー】

 

理由は、

蜂や蛇がいなくて

藪が生い茂ってないから。

 

 

険しい崖っぷちを下り川にたどり着きました。

 

滑落が多くて大変でしたが
水がキラキラしていて

大変さは吹っ飛び、

癒されました。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210409201531j:image

 

所々雰囲気が変わる場所があり、

何か住んでそうな感じがしました。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210409201545j:image


f:id:ikkakinokinoha0401:20210409201600j:image

 

ウスバサイシン


f:id:ikkakinokinoha0401:20210409201651j:image

スミレ


f:id:ikkakinokinoha0401:20210409201718j:image

ショウジョウバカマが目立ちました



f:id:ikkakinokinoha0401:20210409201827j:image

 

美しい川は日々のうっぷんを流してくれる感覚がします✨

 

 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪

 

 

 

 

伊藤邦男先生の本の引用はこちら

↓↓

佐渡島の植物と民俗

 

 

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 新五郎 (@nokongikuk)

#沢登り #川遊び #パワースポット #佐渡島

子どもたちの嬉しい進化

「身近な自然を愛でることは、
心を耕す事になる。
耕された心には沢山の花が咲く事ができる💠

そういう教育をしたい、、、。」

 

伊藤邦男先生の願いであり教えでした。

 

何でも子供に与えたり、

ガチガチに大人が導いていくのではなく、

大自然の中で虫や植物の在り方、

風、

遊び、

そういうものを通し子どもというのは、

計り知れないものを学んでいく・・・。

 

伊藤邦男先生はこのようなニュアンスを本に書き残していました。

昭和一桁の

シュタイナーの学校のような考え方が好きです。

 

私の住む地区は、

清水が湧き自然が多く移住者も多い地区です。

 

私達家族はここで、

のんびり暮らしています。

 

 

 

ある日娘が

「ママ、

トングが欲しいの・・・。

ゴミ拾いがしたいの。」

 

と言い出しました。

 

山に入ってもゴミ、

道ばたもゴミ、

清水が湧く場所にもゴミ、

という状況に心が痛んでいたとのこと。

 

 

パパと散歩に行くときには、

ついでにゴミ拾いをするのが日課になりました。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210409010533j:image

 

すると、

近所のお友達もやってきて

「ずーっと気になってたんだよね。

ゴミ、

一緒に拾う。」

 と手伝ってくれました(^^♪


f:id:ikkakinokinoha0401:20210409010557j:image

 

snsでも

若者のゴミ拾いが盛んに行われています。

宇宙の子マサもごみ拾いで大統領の心をも動かしました。

 

 

なんだか素晴らしい人がいっぱいです。

 

若い世代を

ゆとり世代〗と揶揄する大人もいますが、

子どもの心は耕され美しい進化をしているではないか💛

 

 

ゴミで一番多いのは、

〇タバコの吸い殻 

〇コーヒーの空缶

〇コンビニ弁当セット

そしてなんと

発泡酒の空缶

 

でした💦

発泡酒の空缶ということは理解不能

飲酒運転をしているということか?

 

 

一週間もすれば、

またゴミが投げられている。

 

これを捨てる大人の方が心が干からび壊れ、危険です・・・。

 

それにしても

次世代は嬉しい進化をしていると思いませんか?

 

私達よりよっぽど繊細で高次の存在だと思います( *´艸`)

 

 

 

伊藤先生、

最近の子どもは心が耕されていて

どんな花も美しく咲きそうです。。。

 

と伝えたいです。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210409011141j:image

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪

 

 

伊藤邦男先生の本の引用はこちら

↓↓

佐渡島の植物と民俗

 

 

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 新五郎 (@nokongikuk)

 

定期講座佐渡自生ハーブ実践講座~春~がスタートしました

佐渡自生ハーブ定期講座』

の第1回目が開催されました。

 

主催は自然豊かで、

趣のある二宮萬友荘の出戸さん御夫婦です。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406235956j:image

野草という名を使わず

「自生ハーブ実践講座」

という題名にした意図を説明したいと思います。

 

ハーブとは、

ラベンダーやカモミールなど西洋のもとしてのイメージが強いのですが、

その定義は幅広く、

有用な植物全般ををハーブとするそうです。

 

この講座では

野草以外にも木の葉や枝も使うので、

自生する有用な植物=自生ハーブとしました。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210407000043j:image

 

主催者してくださる出戸さんも

講師をさせて頂く私も

 

エンターテイメントのよに面白く野草を食べてみるのではなく、

 

先人が積み重ねてきた試行錯誤や、

命を繋いでくれた草木の尊さをこれからも繋いでいきたい・・・

という真剣な想いも込めております( *´艸`)

 

春コース全3回の

第1回目は、お団子🍡作りました✨



f:id:ikkakinokinoha0401:20210407000539j:image


ここには6種の野草が入っています。

 

「美味しくて正直びっくりした」
「なんだか子供の頃に戻ったみたい」

という感想を頂きました。

嬉しいです( *´艸`)

 

佐渡で先人がよく食べていた植物を選びました。

〇コウゾリナ=方言カヤムグリ

ハハコグサ=方言ホウコグサ

ヨモギ=方言モチグサ

〇ノジシャ=ヨーロッパから来た帰化植物マーシュ

ノゲシ=方言ボヤシ

〇スミレの花

 

 を皆さんに摘んで頂き、

お団子に入れました。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210407000255j:image

近くの田んぼで野草摘み。

この時期はロゼット状でとても間違えやすい時期。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210407000319j:image


f:id:ikkakinokinoha0401:20210407000346j:image


f:id:ikkakinokinoha0401:20210407000516j:image

 

離島の佐渡においても、

里山帰化植物で溢れています。

およそ30㌫以上は外来種といっても過言ではありません。

 

昔の資料を参考にしても植物が変化しているので、

似ているようでなんか違う…判断が難しくなっているのが困る所です。

そういうものは手出しせず

判っているものだけを採取するというのは鉄則です。

そんな話などもさせていただきました。

 

 

 野草仲間森さんの本は、

オススメです

↓↓

帰化&外来植物 見分け方マニュアル950種

帰化&外来植物 見分け方マニュアル950種

  • 作者:森 昭彦
  • 発売日: 2020/09/01
  • メディア: 単行本
 

私のお伝えしている事は

伊藤邦男先生の本と、

お年寄りの体験談と私のアレンジ。

全国の野草仲間の知恵です。

 

★私の好きな伊藤邦男先生の本の一説★

〖自然の風土の生み出した野草、
山菜が食べ物として
過去のものだとする考え方は、
大きな錯覚ではなかろうか。
風土の生み出したもの、
それは医食同源である。〗


f:id:ikkakinokinoha0401:20210407000610j:image

 これほど私の心に突き刺さる文章が書いてある本は、

今までもこれからも、

伊藤邦男先生しかいないだろうな…

 

この度、

定期講座を企画して下さった二宮萬友荘の出戸さんご夫婦には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

※現在春の定期講座は定員に達しましたので募集は終了致しました。

 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪

 

 

伊藤邦男先生の本の引用はこちら

↓↓

佐渡島の植物と民俗

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 新五郎 (@nokongikuk)

ツバキの花のベイクドチーズケーキ

佐渡島は3月から4月にかけてヤブツバキの花盛りです。

 

椿の花は美しく

まるでバラのように優雅で存在感があり、

とても美味しそうに見えます。

 

今回はそんな椿の花を使った

ベイクドチーズケーキの作り方をご紹介いたします。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406003135j:image

椿の花は美味しそうに見えますが、
えぐ味と渋みが強くとても生では食べれません。


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406003223j:image

花を食べる際は

天ぷら・酢の物がオススメです。

 

園芸種の椿の花は

品種改良され苦味が強いと言われているのでオススメしません。

 

サザンカ・カンツバキ・ツバキ

などは素人には同定(見分ける)することは難しいので、

自生するヤブツバキを使いましょう。

(私も見分けられません💦)


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406003553j:image

ヤブツバキベイクドチーズケーキ

18㌢円型1個分


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406003635j:image

✿藪椿の花の下処の仕方✿

〇藪椿の花・・・10個

〇砂糖湯 ・・・熱湯500ccに砂糖80g溶かす

〇酢水  ・・・冷水500ccに酢100cc入れる

 

1,ヤブツバキの花ビラを水で洗う

2,砂糖湯に2分間花びらを入れる


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406003653j:image

※黒っぽくなります

3,砂糖湯からとり出し、酢水に1晩浸けておく


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406003807j:image

※酢水に浸けると少しピンクになります

4,一晩浸けた花びらを酢水からとり出し、

  水気を切って千切りにする

 

ベイクドチーズケーキの生地の作り方

クリームチーズ ・・・400g

〇きび砂糖    ・・・60g

〇卵       ・・・2個

〇生クリーム   ・・・200cc

米粉      ・・・45g

〇下処理したヤブツバキの花

〇レモン汁    ・・・大さじ2杯

 

1,常温で柔らかくなったクリームチーズにきび砂糖をすりまぜる。

2,溶いた卵を分離しないように混ぜていく。

3,生クリームを混ぜる。

4,米粉を入れる。

5,下処理したヤブツバキの花とレモン汁を入れ軽く混ぜる。

6、180度に熱したオーブンで30~40分焼く。

 

冷めたら型から取り外して完成✿

 

💠下処理した椿のアレンジ💠

 

お花の色がかわいいのでサラダにのせても映えます(*^^*)⤴️


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406004237j:image

 

ヤブツバキの花は八百比丘尼の象徴であり、

佐渡島ヤブツバキをもたらしたのは八百比丘尼と言われています。

椿の灰は上質な日本酒を造る事や染物に欠かせないと言われています。

椿油は世界の三大オイルです。

椿の花は先祖を弔う花お香でした。

 

日本人と共に生きてきた木に、

想いを馳せながらベイクドチーズケーキを食べて頂くのもおつなものです( *´艸`)


f:id:ikkakinokinoha0401:20210406004016j:image

わが家は・・・そんな話も聞かず子どもたちが一気に食べてしましました((笑)

 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます(^^♪

 

 

 

伊藤邦男先生の本の引用はこちら

↓↓

佐渡島の植物と民俗

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 新五郎 (@nokongikuk)